RSS | ATOM | SEARCH
新型ウイルス劇症化を防ぐ…わたくし達にできること

JUGEMテーマ:健康

 

ウイルスが感染した細胞をマクロファージが最初に食べた瞬間から

体内の免疫システムは作動始めます

個人が持ってい要る自然免疫です

 

マクロファージは次々とウイルスや感染した細胞を貪食しながら

他の免疫細胞に情報を伝えるのです

 

この貪食する能力がウイルスが増殖する能力より高ければ

ほぼ症状がでないで治癒します

研究所では、この自然免疫を普段から強化しておくことをアドバイスしています

 

 

新型コロナウイルス専用の抗体が作られて血液によって運ばれてくる

そしてウイルスに張り付くと動けなくなった時点で

肺胞内に出現した好中球が食べることができるようになります

 

そのとき好中球が使う武器は活性酸素

 

このころは身体中の免疫が活性しているため微熱が出ますが

健常者であればここまでです

つまり重症化しません

 

 

ですがウイルスに感染した細胞が多ければ

活性酸素の量もたくさん放出されます

 

多すぎる活性酸素は肺胞のまわりの間質を攻撃してしまいます

 

 

呼吸困難は 間質が活性酸素に攻撃されて固くなってしまったことが原因で

肺胞が膨らまなくなったことで起こります

 

 

つまり重症化です

 

 

個人ができることとすれば 活性酸素を少しでも減少させること

 

 

森林の中で植物が放出するフィトンチッドを呼吸することができないなら

ティーツリーがおすすめです

 

 

ティーツリーはもともとアボリジニーの天然の薬でした

 

 

世界的に化学的な研究が行われ菌や真菌などの微生物の増殖を

かなり抑えることが分かっています

 

 

今も新型ウイルスの研究が各国で進められていますが

試験管の中のお話ではありますが新型インフルエンザの治療薬のひとつとして

開発が期待できるとされています

 

 

おそらく精油成分のterpinen-4-ol  の効果かと考えられます  

 

 

わたくしはマスクの外側に着けて

安全度のアップをねらっています

 

 

皆さまも知恵を出し合って

この難局を超えていきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:lal2015, category:21世紀の健康を守る生き方, 16:56
comments(0), -
Comment