RSS | ATOM | SEARCH
新型ウイルス…微熱が出てるとき体内で起こっていること

JUGEMテーマ:健康

 

ウイルスにフォーカスするのは医師や研究者にまかせて

私たちは自分の免疫力にフォーカスすることが重要です

 

現在、医学的に検証された方法はありません

サーズでさえ有効なワクチンや薬は完成されていないのです

 

ですがわたくし達は立ち止まっているワケにはいかない

解明されるのを待っていては遅いからです

 

 

物理でも化学でも

まず推察し検証するという順序で研究します

 

 

『そんなモノは効くはずがない!』

と代替療法を頭から否定する研究者もおられるようですが

新型ウイルスに効くものは今現在無いのです

 

 

さらにウイルスは進化します

 

 

新型ウイルスは未知のウイルスではなく

サーズの変化したタイプです

これからもウイルスは進化しつづけるはずです

 

====================================

 

新型ウイルスに感染し熱がでている時

私たちの体内ではどのようなことが起こっているのでしょうか

 

 

上気道を通過して肺胞までウイルスが行ってしまった場合

気道と違って粘液も少なく容易に受容体にはまってしまう

 

 

つまり感染してしまうのです

 

 

ウイルスが私たちの細胞に入り込んだらすぐに近くにいる

マクロファージが直行して感染した細胞もろとも食べてしまいます

この貪食能力がウイルスの増殖のスピードより勝っていれば殆んど無症状で治ってしまいます

 

 

同時に ひとつめの感染細胞がマクロファージにとりこまれたらすぐに

『こんなのが身体に侵入した!』とT細胞に情報を伝え免疫システムが作動を始めます

 

 

数時間で新型ウイルス専用の武器 

つまり抗体ができて血液を通してウイルスが増殖する場所に運ばれます

 

 

抗体が運ばれてウイルスに感染した細胞にくっつくとウイルスは動けなくなり

好中球などの免疫細胞が食べられるようになります

 

 

このときは 身体の免疫システムがフルに機能しているため発熱します

 

 

健康な人であればここまでです

重症化することはないのです

 

 

身体をあたためて安静に寝ることが必要です

 

 

では重症化する人は何が違うのでしょうか

それは明日つづってまいりますね

 

 

 

 

 

 

 

 

author:lal2015, category:ホリスティックな植物療法, 16:25
comments(0), -